大手監査法人における保険会社向けアドバイザリー(システム系コンサルタント)


本件問合せへ

□ページ内リンク□
1.職種
2.ポジション
3.仕事内容
4.必要スキル
5.勤務地
6.年収イメージ
7.就業形態
8.企業名
9.企業概要


【職種】
保険会社向けアドバイザリー(システム系コンサルタント)

【ポジション】
シニアアソシエイト

【仕事内容】
【チーム紹介】
PwCあらた有限責任監査法人 保険アドバイザリーグループ(IAG)は、保険会社を主なクライアントとして、幅広いアドバイザリーサービスを提供しています。
近年、国際的な保険会計基準の改正や金融規制の変化、保険会社のクロスボーダー案件の増加に伴い、IAGの業務領域は拡大しています。
最近では、国際会計基準などの各種会計基準への対応支援、内部統制高度化支援に加えて、事業リスクを積極的に取る保険会社に対して、買収後統合業務、ガバナンス高度化支援業務等の業務を提供する機会に恵まれ、2012年7月のグループ発足以降、売上・人員ともに大きく増加しています。
このように多様化する保険会社のアジェンダに対応するために、会計士のみならず、保険業務実務の経験やプロジェクト管理経験といった会計以外のスキルを持ったメンバーを構成しています。一方、拡大するIAGの業務領域に対応するために、様々な領域の経験を有するメンバーの加入が急務だと考えています。

【監査法人としてアドバイザリーサービスを提供する目的】
監査法人のアドバイザリーサービスが、一般的なコンサルティング会社と違うところは、同じ業界の様々な会社に対する監査サービス等を通じて得ることのできる、業務プロセスの深い理解に基づくアドバイザリーサービスが提供できることです。
また、監査法人は、公認会計士法等により業務内容や提供する業務の品質管理が厳しくコントロールされます。自己流ではなく、このような作法に基づく、品質の高いサービス提供プロセスを経験することは、コンサルタントとしての誠実性および柔軟性を滋養する面があります。

【保険アドバイザリーの可能性】
保険会社は、社会生活に内在するリスクを金銭に置き換え、引き受けることを生業としています。現在、グローバル化や様々な領域での自動化、人々の長寿化等、企業・個人が直面するリスクが変化する中で、保険業界は積極的に事業リスクを取りに動いており、金融の中でも未だ成長段階にあると言えます。
私たちは、IAGという器の中でこのような保険業界に対してサービスを提供していますが、その知識・経験は、業種を超えて活用できる可能性を感じています。変化が起きている成長分野で経験を積みたい方や、特定分野の知識を習得して強みを持ちたいと実感されている方は、是非応募をご検討ください。

【主な業務内容】
● IFRS導入に伴うPMO支援
日本企業の国際化が進む中、グループの財務状況を海外の投資家を含めて説明する際に、IFRSを採用する会社が増えており、政府を始め、金融庁などの行政機関でもIFRSの採用を後押しする動きがあります。少子化による国内市場の縮小が見込まれる保険業界においても、近年、海外企業の買収が相次いでおり、また、外国人株主の比率も増してきている状況があります。このような中、保険会社における影響が大きい、IFRS9(金融商品)およびIFRS17(保険契約)の内容が固まり、その適用が明確なスケジュール感をもって現実味を帯びてきました。

IFRSの適用を予定している会社に対して、私どもは、以下のような支援を行います。
・影響度調査とロードマップ作成支援
グループでのIFRS適用の影響(システム要対応事項)を調査し、適用までのロードマップ作成の支援を行います。
・プロジェクト推進支援
会計方針策定、システム開発要件策定、プロジェクト管理(PMO)に関する支援を行います。
・決算体制整備支援、決算支援
日本基準との重複決算対応での体制整備計画策定、決算要員としての実際の決算支援を行います。

●AI、データアナリティクス、ロボティクス等のFinTechを活用した業務プロセス改善支援
金融機関における収益確保が困難な状況となりつつあるなかで、事業費を削減し、収益を確保していくことが改めて注目されています。
しかしながら、現状の金融機関のオペレーションの実行には相応の人員を要し、近年の人員確保の困難性と新興国の経済発展は人件費の上昇をもたらし、コスト削減も厳しくなりつつあります。
また、サービスの多様化はオペレーションの複雑化をもたらし、マニュアル作業における事務ミスの増加といった問題に金融機関としてどのように取り組むべきか、注目されています。

PwCがグローバルで培った豊富な経験を活かし、金融機関固有の課題に最適となる解決策を見出す支援を行います。具体的には、AIやデータアナリティクス、ロボティクス等のFinTech技術を活用した業務プロセスの改善と効率化・自動化の導入を支援するとともに、事務ミスの削減を促進し、オペレーショナルリスクの削減とコンプライアンス態勢を強化するための取り組みに対する支援を行います。

【必要スキル】
【必要となるスキル・経験】
以下のいずれかのご経験をお持ちの方
・コンサルティングファーム(ITベンダーを含む)で、5年以上の金融機関向けシステム開発PMO 経験を有する方
・コンサルティングファーム(ITベンダーを含む)または、金融機関にて、5年以上の基幹系システム(契約管理、財務・経理系など)開発で基本設計、要件定義、ベンダー調整、UAT等の経験 を有する方

【あれば望ましいスキル・経験】
・TOEIC800点以上かつビジネス上で英語によるコミュニケーションに支障がない方
・保険会社でシステム業務改善、当局対応経験を有する方
・保険会社でシステム開発プロジェクトの立ち上げ経験を有する方

【就業場所】
東京都

【年収イメージ】
600万円〜800万円程度 ※経験・能力を考慮のうえ決定致します

【就業形態】
正社員

【企業名】
PwCあらた有限責任監査法人

【企業概要】
当社は、外資系プロフェッショナルファームのメンバー・ファームとして、会計および監査においてその手法に完全に準拠した国際的なベスト・プラクティスを採用します。そして、グローバル・ネットワークで培われた経験、専門知識、リソースを最大限に活用し、日本において国内企業および国際企業に対して、国際水準の高品質の監査を提供してまいります。

【ビジネス領域】
システム監査

【組織カテゴリー】
コンサルティングファーム

【備考】


【案件ID】
142132

本件問合せへ


↑ページ上部へ


コトラTOPへ


(c)copyright.KOTORA All rights Reserved.
コトラPCサイト
http://www.kotora.jp