監査法人系弁護士事務所での弁護士


本件問合せへ

□ページ内リンク□
1.職種
2.ポジション
3.仕事内容
4.必要スキル
5.勤務地
6.年収イメージ
7.就業形態
8.企業名
9.企業概要


【職種】
弁護士

【ポジション】
アソシエイト

【仕事内容】
弁護士として、下記のような業務に携わっていただきます。

・一般企業法務案件
-各種契約交渉の支援
-独占禁止法、下請法、不正競争防止法、個人情報保護法など各種規制法に関する法務助言および法令違反に起因する不祥事・紛争への対応(事実調査、当局対応、関係者への責任追及等を含む)
-日本以外の国・地域における現地法令調査
-日本・外国企業向けの日本国内外における法人・支店等設立の支援

・M&A、組織再編
-国内、インバウンド(外国企業による日本企業を対象とする案件)、アウトバウンド(日本企業による外国企業を対象とする案件)のM&Aに関する支援(デューデリジェンス、契約交渉、契約書作成、当局への届出等)
-国内およびグローバルでの企業の組織再編に関する支援
-買収後の統合(PMI)対応

・人事労務案件
- 企業買収、企業再編時の人事労務対応
- 各種ハラスメントや長時間労働など日常の人事労務対応、改正法令に関する助言
- 日本企業の海外進出時及び海外企業の日本進出時における支援
- 労働訴訟、労働審判等における使用者側代理

・ファイナンス
-金融規制法(金商法、銀行法、保険業法、信託業法等)に関する助言(業者登録等の申請、社内規程の整備、外部監査)
-ローン、各種証券化、デリバティブ等の金融取引(国内及びクロスボーダー)
-航空機、船舶リース
-仮想通貨、フィンテック
-不動産取引、不動産開発
-株式、債券等の証券発行

・税務調査・税務紛争対応
-税務調査への弁護士立会い
-税務案件の前提となる契約の文言解釈やその他法的問題への助言提供
-税務紛争への関与(異議申立、審査請求、税務訴訟)

【必要スキル】
<資格>
弁護士資格

<経験>
法律事務所における企業法務経験者、企業内弁護士経験者

※特に歓迎いたします。
・国内系大手法律事務所の留学後アソシエイトの方

※歓迎条件(以下のいずれか)
・国内系5大法律事務所の留学前アソシエイトの方
・外資系大手法律事務所における留学又は海外駐在後のアソシエイトの方
・国内系準大手法律事務所の留学後アソシエイトの方

<歓迎スキル>
・ビジネスレベルで英語が活用できる(TOEIC:800点目安・読み書き、会話)
・プロジェクトマネジメントスキル

<求める人物像>
・当グループのメンバーファームの優れた人材とも互角に渡り合える方
・メンバーファームの他の専門家の業務にも強い関心を抱き、彼らとの協働を通じた、これまでに存在しなかった業務の開拓、新たな価値の創造等にも積極的な方

<その他>
※弁護士登録より2年目までの方につきましては、下記2点の書類もご提出ください※
・ロースクール成績証明書
・司法試験の成績票

【就業場所】
東京都

【年収イメージ】
年収イメージ:1000万円〜1600万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)

【就業形態】
正社員

【企業名】
大手監査法人グループの弁護士法人

【企業概要】
大手監査法人系列の弁護士事務所

【ビジネス領域】
法務

【組織カテゴリー】
コンサルティングファーム

【備考】
当グループは国内1万人以上、海外30万人以上の専門家が擁する顧客が豊富におり、案件の共同提案の機会が極めて多いとともに、ご自身が開拓されたい顧客との接点がグループとして既にあることが多く、法務としての新規アプローチもしやすいです。また、メンバーファーム自身との接点もまだまだ途上であり、開拓の余地も大きく、目の前に大きなチャンスが広がっています。
所属弁護士数も現時点では多くないので、 現在のご自身の専門に加え、M&Aコーポレート・コンプライアンス・ファイナンス・人事労務等の典型的な分野やその他まだ進出できていない分野の中で、分野を変えたり拡大したりすることも可能です。その上で、将来的に自分の専門性・強みなどを考えてゆくことができます。Digitalやコンサルティングのようなデロイトならではの領域のチャレンジも可能です。

【案件ID】
116225

本件問合せへ


↑ページ上部へ


コトラTOPへ


(c)copyright.KOTORA All rights Reserved.
コトラPCサイト
http://www.kotora.jp